【もう心臓が持たないですね】近藤誠一選手、重要局面で大接戦制す

Mリーグ試合速報一覧

ここぞという時に光る勝負強さ。

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021-22セミファイナル」4月1日第1試合、5位のセガサミーフェニックスは近藤誠一選手が登板し、南場の親番で大混戦ムードを一蹴する和了を決め、大きなトップを飾った。

4位のU-NEXT Piratesと6位の風林火山との直接対決となった重要な1戦を制し、チームをボーダー上の4位に押し上げた

東場は放銃はないものの和了もなく、じりじりと持ち点を削られた近藤選手。

南場では少しずつ手が入るようになり、南2局にトップだったKONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典選手から3900の初あがりを決めた。

対局はこの和了で上下が2000点以内に収まる大接戦となり、近藤選手の鋭い読み、見事な手順が光ったのは続く南3局の親番だった。
下家の滝沢選手にドラポンが入るも自身はどうしても和了をものにしたい場面で、滝沢選手のチーテンが入る絶好の7索を手に留め、ピンズを上手く処理しながら最終的に4・7索待ちのピンフリーチにこぎ着けた。その後は滝沢選手と同じ待ちのめくり合いになり、最後は代名詞の「カッ」が炸裂し、気迫で7索を手繰り寄せた。

1本場でも他家に追っかけられるリスクは百も承知でフリテンリーチを決断し、結果は見事な4000オール。オーラスもかわし手を決め、大きなポイントをチームに持ち帰った。

勝利者インタビューではあまりの大接戦に「心臓が持たないですね。消耗します」とやり切った表情を見せた。

いつものお茶目な一面はなく、終始、真剣に対局を振り返る様子からは勝負にかける思いがひしひしと感じられ、視聴者も思わず「とうちゃんかっこよすぎる」「誠一最強」「もう和やかな雰囲気ではないのだよ」と連投。

最後も「何とか一歩ずつ頑張ります」などと真面目なコメントで締めた。
父ちゃんからおふざけが消えた時、それはつまり無双状態を意味するのかもしれない

全局視聴するにはAbemaTVへ!

ABEMAの公式サイトはこちらから

▼三姉妹のツイートはこちら▼

▼試合結果はこちら▼

このサイトでは麻雀に関する情報をお届けしております!
是非他の記事もご覧ください!

▼関連記事▼

▼麻雀雑学YouTubeはこちら▼

タイトルとURLをコピーしました