【この緊張感、嫌いじゃないですね】滝沢和典選手、南場の親跳で突き抜け、セミファイナル個人初トップ

KONAMI麻雀格闘倶楽部

チームが下降気味な時こそ、バランス型の俺が立て直す。

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2022-23セミファイナル」4月25日第2試合、麻雀格闘倶楽部・滝沢和典選手が和了5回放銃なしの完璧な内容で締め、4位に沈んでいたチームを盛り立てるセミファイナル個人初勝利を飾った。

東家から滝沢選手、雷電・瀬戸熊直樹選手、ABEMAS・日向藍子選手、風林火山・勝又健志選手の並びとなった対局。

4/25 第二試合 内容

滝沢選手は東1局の親番、ペン7萬待ちで強気に先制立直を放ち、これをあっさりツモって1000オールの加点に成功。

続く1本場にも中ポンから500オールを決め着実に点数を重ねた

その後は2回の横移動があり、東3局に満貫のツモあがりを決めた瀬戸熊選手がトップ目に立ち、滝沢選手は東場を28300点持ちの2着で終えた

南1局は瀬戸熊選手の仕掛けに負けじとドラ2の先制立直を放つも流局

それでも、続く1本場には再び瀬戸熊選手の鳴きに対抗する形でドラ3赤の渾身の立直をかけ、瀬戸熊選手とのめくり合いを制してツモあがりの6000オールで一気に抜け出した

その後は2本場に瀬戸熊選手の1300・2600があり、南2局は流局。

南3局1本場にも南ポンで仕掛け、親の日向選手の仕掛けに踏み込んで日向選手から2000点を奪うと

最終局の南4局1本場にもわずか5巡目に堂々のトップ目から立直をかけ、これをしっかりとツモって裏1の満貫に仕上げ、6万点に迫る大トップを決めた。

インタビュー

勝利者インタビューでは「4着4着と来ていたので個人的には嬉しいんですけど、まだまだ足を引っ張っているのでまだ喜べないです」と気を引き締めた。

1戦目に高宮まり選手がラスに沈み、チームがボーダーの4位までダウンした直後の大事な試合だったが、「ちょっと見ている人も暗くなりそうな感じだったと思うんですけど、この(緊迫した)状況は嫌いではなかったですね」と頼もしいコメント。

これでチームは3位に浮上し、今後の戦い方については「次もう1回トップを取ったらターゲットから外れることもあると思うんですけど、やることは同じですね。8戦だったのが6戦に減っただけという感じです」と話し、

最後は「久々にトップが取れました。チームに貢献できるように、最後まで楽しんでもらえるようにしっかり打ちたいと思いますので引き続き応援よろしくお願いします」と次戦を見据えた。

インタビュー&全局視聴するにはAbemaTVへ!

4/25 第二試合 結果

この試合を終えてのチームスコア

No.チームポイント
1RAIDEN/雷電213.4(+5.5)
2風林火山202.3(▲28.9)
3麻雀格闘倶楽部170.7(+79.6)
4ABEMAS90(▲56.2)
5Pirates4.5
6サクラナイツ136.4

試合後の滝沢選手のツイート

ランキング

▼Mリーガー生涯成績▼

・レギュラー&ポスト全て

< レギュラー+ポスト全ての成績一覧

・レギュラーのみ

< レギュラーのみ成績一覧

・ポストのみ

< ポストのみ成績一覧

▼MリーガーYouTube▼

< 登録者ランキング一覧へ

Mリーグを視聴するにはAbemaTVへ!

関連記事

▼麻雀格闘倶楽部の記事一覧はこちら▼

KONAMI麻雀格闘倶楽部
KONAMI麻雀格闘倶楽部の関連記事一覧です。

▼この日の第一試合▼

▼Mリーグ試合速報はこちら▼

Mリーグ試合速報一覧
「Mリーグ2022試合速報」の記事一覧です。

▼Mリーグ公式ガイドブック2022-23▼

▼試合前アンケート▼

こちらから

※詳しくは、Mリーグ公式サイトをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました