【初の最強位連覇達成】瀬戸熊直樹プロは笑顔、盟友・多井隆晴プロは大号泣 麻雀最強戦2022

ピックアップ

前人未到の連覇に麻雀界が歓喜の渦に包まれた。

 国内最大級のプロアマが参加する麻雀大会「麻雀最強戦2022」の決勝戦が12月11日行われ、前回優勝の瀬戸熊直樹プロが大会初の連覇を成し遂げた。終盤に決めた逆転の跳満ツモは倍満ツモ条件を満たした昨年のオーラスを再現したかのよう。

瀬戸熊プロの盟友でこの日解説を務めた多井隆晴プロの大号泣を除き、暴君の復活に大の大人が泣きじゃくった昨年とは違って会場は晴れやかな笑顔に包まれた。「ことしの俺ならやれる」「瀬戸熊ならできる」。そんな本人の自信や周囲の期待がただただ現実となり、運ではなく、本物の実力と精神力でつかみ取った連覇だった。

ファイナル出場選手

瀬戸熊プロは現最強位のシード枠でベスト16から登場。上位2人が勝ち進めるルールで決勝戦までの2半荘をともに苦しみ抜いた末の2位で通過した。初戦に見せた2件立直をかい潜っての親満ツモは真骨頂のトルネードが炸裂した名場面となった。

 こうして迎えた決勝戦はともに1位通過の前原雄大プロと友添敏之プロ、別卓2位の鈴木大介棋士がそろった重厚卓となり、瀬戸熊プロと鈴木棋士の最強位2冠を争う構図などに注目が集まった

試合内容

対局は流局続きのじりじりとした展開で始まり、瀬戸熊プロは東2局1本場、友添プロと前原プロの2件立直に囲まれ、現物を頼った末にヤミテンを入れていた鈴木棋士に満貫を放銃。劣勢スタートとなったが、東4局の親番では鈴木棋士との立直対決を制して7700点を鈴木棋士から直撃し、原点付近まで立て直した。

南場では南1局に瀬戸熊プロが渾身のリーチを放つも前原プロのらしさ溢れるアガリもあって全員2万点代のこう着状態が続いた。

南3局1本場で親の鈴木棋士が前原プロから12000点を出あがって一歩抜け出した。そして、続く2本場で運命の時が。瀬戸熊プロは9巡目に147索待ち高め一通の先制立直を放つと、その3巡後…解説陣の大歓声とともに高めの1索をツモりあげ、震えて手でめくった裏ドラが乗って逆転トップに立つ跳満を決めた。

オーラスは鈴木棋士に1000・2000ツモ、友添プロに満貫ツモの現実的な条件が残るも2人は和了まで届かず、全員ノーテンの末に瀬戸熊プロが栄冠を手にした。

 「最近あいつリーグ戦ずっと負けてて、去年最強位取らなかったらプロやめてたかも…本当に良かったなぁ」。勝敗が決すると、カメラが移った解説席には大粒の涙を流す多井プロの姿があった。うちに秘めた思いは本人が語るよりも、苦楽をともにしてきた身近な存在が語る方がなんだか心にささる。多井プロの言葉が全てだった。

一方の瀬戸熊プロは「昨年は不調の中、皆さんの応援で(最強位)を取らせてもらいましたが、今期は本当に楽しくできました」。そして、「来年は3連覇目指してやります。そのときはぜひ(多井)隆晴残ってください」と。

昨年の最強戦を基に制作された映画「麻雀最強戦 the movie」で主役を演じた瀬戸熊プロ映画は完結したが、盟友でありライバルでもある多井プロと決勝戦で激突し、3連覇を勝ち取るーそのサクセスストーリーは来年に最終章を控えている。

▼昨年の瀬戸熊プロ最強位決定の瞬間▼

試合後の選手の声

瀬戸熊直樹プロ

友添敏之プロ

前原雄大プロ

麻雀プロの声

瀬戸熊直樹プロとは

項目内容
所属日本プロ麻雀連盟 /Team雷電
生年月日1970年8月27日
出身地東京都
大学東京経済大学
タイトル第6期 無双位
第9期 無双位
第14期 發王位
第13期 チャンピオンズリーグ優勝
第26期 鳳凰位
第27期 鳳凰位
第28期 十段位
第29期 十段位
第29期 鳳凰位
第12回チャレンジカップ(2005/10)準優勝
第6回チャンピオンカーニバル 優勝
2021最強位
ブログhttps://ameblo.jp/setokuma/
Twitterhttps://twitter.com/setokumanaoki

関連記事

タイトルとURLをコピーしました